カエル通販 Feaver!!ブログ。カエルについての豆知識や日々の出来事をつづっていきます♪

ショウジョウバエについて Set.2

そろそろ本格的な採集シーズン入りを前にテンションが右肩上がりのキンタローです!
そのせいか、右肩だけ肩こりが異常です。笑


今回は前回の続きで、ショウジョウバエについて Set2!!

まだ、Set1を見ていない方がいたら、
ぜひ1個前のブログを見てくれっ!!頼む!!!笑


それでは早速!!!!
まずは、飼育環境から。

フィーバーでは、通年を通して室内温度:22〜25度 湿度:60〜80%の飼育部屋の中に、ガラス温室を設置しています。

null

ガラス温室内の温度は、温度:26〜28度 湿度:20〜40%で、温室内は密閉環境にはせず、若干の隙間を開けることで空気循環を確保しています。

null

密閉した環境で繫殖させていた時期もありましたが、ガラス温室内で温度が均等にならなかったことが原因?で、上手く繁殖できなかった時がありました。
特にトリニドは悲惨で2.3回は壊滅しました…。涙


ガラス温室がなくても、上に書いてあるガラス温室の温度を参考にして培地の配置を行えば簡単に増やすことは可能です!!

まずは湿度が低くて温度が安定している場所に配置してみるとGOOD!!
室温管理されている方は、エアコンの風が通るところにおいて実験してみると良いかも。



続いて、使用する培地の紹介。
販売も行っているREPASHYのSuper Flyを使用しています。

ここ数年間はずっとSuperfly。もうずっとSuperfly。みんなもこれにしようよ。笑
購入希望の方はこちらをクリック!!

null

Superflyは、粉末状のマッシュポテト(インスタントマッシュポテト)をベースに
ビタミンA・D・Eやミネラル(カルシウム・リン・マグネシウム)などの様々な栄養素をバランスよく配合しています。

null

また、「保存料」としてシナモンやローズヒップなどが含まれており、カビの発生を抑制させる効果があり、他の培地に比べて臭いが気になりません!!むしろフルーティー!!

今使っている培地でうまく殖えない…。ビンの中の臭いが気になる…。
そんな方におすすめです〜!!!

個人的には、容器の口がジップロックのようなタイプではなく、
ペットボトルのように回して閉めるタイプになっているので、口の部分が壊れにくく、
培地がこぼれる心配もありません!!!

null

海外製の培地は口がジップになっているものが多く、使っていると締まりが悪くなったり、培地がジップ部分に挟まったりと使い勝手は△です。

成分的には全く問題ないのですが…。汗


だらだらと細かく書いていたらだいぶ長め?な文章になってしまったので、
詳しい作成の様子はSet3で紹介していきます!!!
それでは、ごきげんよう。


2021年04月26日:通常記事

←前へ