カエル通販 Feaver!!ブログ。カエルについての豆知識や日々の出来事をつづっていきます♪

レプタイルズショー生体紹介 NO.4

有尾熱が冷めないキンタローです。
このままレプタイルズショーに向かったら何か買ってしまいそう…。汗


さて、今回は素敵な小型種をご紹介!!!


セアカヤドクガエル

20180729-11.jpg
20180729-12.jpg
20180729-13.jpg

今回の輸入個体の中で最小種!!赤がとても綺麗で小さくても目立ちます!!
水槽に入れると人気が高い理由がわかるかも?

なんだかペルーに行きたくなってきた。笑
販売→3匹。



ベントリヤドクガエル“イキトス"

20180729-2.jpg
20180729-1.jpg
20180729-3.jpg

これまた大人気な種類!!
今回の子達は只今爆発的に繁殖しています!!!


過去にもめちゃくちゃいた時があったよ〜と八木氏に言われて過去のブログをあさっていたら… http://www.kaeru-hanbai-fever.co.jp/blog/index.php?blogid=1&archive=2013-07&catid=2

確かにめちゃくちゃ殖えてる時がありました!!!笑

さすが八木氏全盛期時代です!!(こんなこと言ったら怒られるかも汗)

今後の育成記録ブログをお楽しみに!!!
販売→2



ウアカリヤドクガエル“スタンダード"

20180729-0.jpg
20180729-01.jpg
20180729-02.jpg

今回は“ゴールデンレッグ”ではなく“スタンダード”が入荷!!!
“ゴールデンレッグ”もコントラストがとても綺麗で確かにかっこいいですが、
グラデーションの美しさは断然“スタンダード”です!!
2モルフいたら迷っちゃうと思うので1つに絞りました。とでも言っておきましょう!笑

ちなみにこちらもバンバン殖えてます!!!!!

20180729-03.jpg

状態良すぎて持って帰っている途中に産んでるかも…笑

販売→4


ハネリーヤドクガエル

20180801-4.jpg
20180801-5.jpg
20180801-6.jpg

1度スイッチが入るとミイロのように殖えてくれる種類です!!
一見地味に見えますが、人気のヤドクガエルでもあります。

販売は4匹!!!

次回もお楽しみ!!!

18/07/29:通常記事

レプタイルズショー生体紹介 NO.3

こないだ美術館に行ってきた!!!キンタローです!!!

絵画には生き物大きく共通するところがあると思ってます。
それは、写真では伝わらない良さ。自分の目で観ないと分からない良さがあることです。

今回紹介する種類も写真では伝わりづらいです…。


クロハナナガガエル
Ctenophryne aterrima

20180725-00.jpg
20180725-02.jpg
20180725-01.jpg

伝わってますかね?このテカテカの質感。汗
カエルチームでは碁石みたい。アフツメみたい。など声が上がってました。笑

こちらは流通数が少ない種類なので少しご紹介しようかと。
「学名」 Ctenophryne aterrima
「和名」クロハナナガガエル・エクアドルタマゴガエルなど
「英名」Costa Rica Nelson Frog
「体長」4〜7
「分布」コロンビア・エクアドル・コスタリカ・パナマ
「詳細」
ヒメアマガエル科のカエルで低地の森林から1600m以上の高地にまで生息する。
皮膚は全体的に黒く虹彩も黒い。夜行性で日中は落ち葉の下などに隠れている。
地中に潜ることもあり、地面から80僂盞,蕕譴新蠅波見された事がある。
野生下ではハキリアリなどを食べている。
産卵は森林の浅い水たまりで行われるが、鳴のうが無く、どのように求愛行動をするのか詳しく分かっていない。

和名についてですが、エクアドルから送られてきたリストの名前を参考にフィーバーではクロハナナガガエルと呼んでいますが、まだちゃんとした和名が付いて無いのでどんな名前が定着するか楽しみな種類でもあります!!
僕がつけるとしたら…クロハナタマゴガエルかな!!笑

今の飼育環境はこんな感じです。

20180725-03.jpg
20180725-04.jpg

全体に隠れ家用に落ち葉を入れています。最初はシェルターも入れていましたが落ち葉の方が落ち着くようで全然入ってくれませんでした。
床材は、ヤシガラと赤玉土をブレンドし約12僂曚鰭澆い討泙后
タッパーの中には溺死防止の為、ミズゴケを入れています。
基本的には地中性のカエルと同じ環境でOKです!
ご飯はコオロギのSS〜小さめSを与えています。
給餌後は落ち葉の下でガサガサしてるので結構食欲旺盛です!

販売匹数は2匹!!ペア取り可能です!!!!

これにてエクアドル生体は終了!!!
次回からはおなじみにヤドクガエルを紹介しますのでお楽しみに!!!


ご報告。
フライシュマンアマガエルモドキ「Hyalinobatrachium fleischmanni
完売しました。

ありがとうございます!!!毎回カートup前に売り切れてます!笑

そして、そして、フライシュマンアマガエルモドキで来た中に1匹明らかに違う個体が…

20180725-250.jpg
20180725-251.jpg
20180725-252.jpg

比べてみたのがこちら。

20180725-253.jpg

手前がフライシュマンです。
虹彩の色、体色、顔が全然違いますよね?

自分で色々調べた結果、僕は「Teratohyla pulverata」かなーって思ってます。

ただ、根拠が無いので…アマガエルモドキSP
で販売します!!!値段は変わらず14,000円です!

よろしくどうぞ。それでは!!!

18/07/25:通常記事

レプタイルズショー生体紹介 NO.2

こないだ日本海方面に行ってきました!!
そしてカエルとサンショウウオを観察してきました!!キンタローです!!!笑

レイアウトをする上で本物の自然を見ることはとても重要ですよね。
改めて気づけた旅でした。皆さんもぜひ行ってみては?


さて、昨日に引き続きバンバン紹介していきます!!!

今回は目玉商品なので要チェック!!!!!


アンソニーヤドクガエル“Ankas”
Epipedobates anthonyi“Ankas”

20180723-20182.jpg
20180723-20181.jpg
20180723-20183.jpg
20180723-20184.jpg

Ankas(アンカス)の実物を見るまでは、図鑑にっているような綺麗な個体は来ないだろう。と勝手に思っていましたが、そんなことはなかった。笑

状態もよく、餌食いも◎。更には繁殖してます。笑

20180723-20180.jpg

3匹でくっ付いているところをフライデー。笑

飼育のしやすさはやはりアンソニーでした。
この美しさで飼いやすいって魅力的だと思います!!

8匹販売予定です。


ミイロヤドクガエル“Rio"
Epipedobates tricolor“Rio”

20180723-00.jpg
20180723-02.jpg
20180723-01.jpg
20180723-04.jpg

Rio(リオ)は鮮やかな黄色が特徴的です。
キオビとはまた違った黄色でかっこいいです!!少し緑っぽいかな?
3種の中では一番環境に慣れるのが早かったです!!

こちらも繁殖しており毎日のように綺麗な声で鳴いていますよ!!!!
ただ、フライデー出来なかったのでチャームポイントをご紹介。

20180723-03.jpg

見てくれと!!と言っているようなポージングをしてます。笑
前脚のコントラストも非常に美しく背中と違った配色をしています。

個人的に黄色のヤドクガエルが好きなのでココロオドル!!!
3匹のみ販売なのでご希望の方は開場後ダッシュでお越しください。笑



ミイロヤドクガエル“Cielito"
Epipedobates tricolor“Cielito”

20180723-0.jpg
20180723-1.jpg
20180723-2.jpg
20180723-3.jpg

今回の目玉の中の目玉。天津飯でいう第三の目玉です。笑

まさしく生きる宝石のようなモルフです。
背中の模様は個体差があり大きい点がある個体もいます。

実はCielito(シエリト)は日本初輸入です!!!!
ということは日本初繁殖を!!!と言いたいところですが。

20180723-20186.jpg
20180723-20185.jpg

すでに殖えてます。ごめんなさ〜いorg
それだけ繁殖が狙いやすいということですね!!笑

4匹販売ですがこちらもすぐに売れてしまう予感がする…。

間違いなく今回紹介した3種は写真より実物の方が綺麗です。
自信をもって言えます!!!

価格は3種とも16,800円!!!!!!

それでは次回もお楽しみに。

18/07/23:通常記事

レプタイルズショー生体紹介 NO.1

仕事を始めてから初めて髪を染めたキンタローです!!
明るくないのであまり気付かれませんが…。苦笑

さて、今回からレプタイルズショー関係の告知を少しづつしていきたいと思います。



今年は8月4・5日
です!!
人員は2日間あづあづ・キンタロー・八木氏の3人体制です。

イベント3人体制は僕が入ってから初です!!
今年はそれだけ今年は気合入ってるということですね。笑
詳しくはこちらから

ブースの場所はまだ未定なので分かり次第お知らせします!



それでは早速生体紹介をしていきたいと思います!!!

今回はレプタイルズショーの為にカナダ、エクアドルの2カ国から輸入を行いました。
6月下旬から飼育をしているので、状態はいつもより良いです。
状態が良い証として、ご飯への反応が速く、産卵も良くしてくれていますよ〜

最近まで八木氏のブログが続いていたしエクアドルの生体から紹介していこうかな!!
サンルーカスフクロアマガエル
Gastrotheca pseustes

メス個体
20180722-1.jpg
20180722-2.jpg
20180722-3.jpg

オス個体
20180722-4.jpg
20180722-5.jpg
20180722-6.jpg

去年も一度入荷したフクロアマガエルが再び登場!!

ここで少し本種について紹介しますね〜。
分布 エクアドル固有 
標高が高い場所に生息います。
一般にGastrothecaは一次林に強く依存しており、攪乱に弱い種類です。
名前の由来はエクアドルのサン・ルーカス地区が名前の由来となっています。
メスのフクロアマガエルは背中に袋があり、メスは後肢を上げるような体勢で産卵し、卵を袋に入れ育てます。


今回は、前回より価格がお手頃になってます!!
最近は水槽の湿度が上がると良く鳴いています。包接も確認済みです!

鳴いてるところは写真に収められましたよ!!!!
20180722-7.jpg

ご飯はMLサイズを与えていますが、食欲が旺盛で給餌中は戦いのようです。笑

20180722-8.jpg
こんな感じでピンセットからも給餌可能!!
荒ぶり過ぎて顔が…。笑

レプタイルズショーではペア販売で考えていますが1匹でも販売可能です!!

日本初繁殖を狙ってみてはいかが?笑

次回は今回の目玉でもあるレアな3種類です。お楽しみに!!!!

18/07/22:通常記事

新たなる刺客


A TU SU GI RU !!!!
暑さのせいか今日は一度バックヤードのエアコンが
故障しました。戦慄の一時間…。


無事に復旧済みのカエル館よりフィーバー新着のお知らせ!
大大大人気のハリボーグミガエル
「フライシュマンアマガエルモドキ」
みたび登場!!!!!

20180719-07191.jpg
20180719-07192.jpg

多分、今外に置いたら一瞬で溶けて無くなりそうな
お菓子のような質感で人気のカエルですね。
毎回一瞬でご売約いただいておりますので
お早めにお問い合わせくださいね〜。

20180719-07193.jpg

14,000円
なにより顔がかわいいのよまったく。



久々の有尾はマイベストサラマンダー。
「オビタイガーサラマンダー」

20180719-07194.jpg

今回は、「おおっオビタイガーだ。」という柄です。
むっちりなのに小顔。

20180719-07195.jpg
20180719-07196.jpg
sexy

まだ警戒心はありますが、すぐに慣れて
大食いお化けになることでしょう…。

20180719-07197.jpg

8,500円



次回からはレプタイルズショーの生体を紹介できるかしら?
HOTな子たちが来ていますよ、(^^)にやにや

18/07/19:通常記事

絶滅したカエル!世界初展示!!

こんにちは!!カエル館の八木です。
暑い日が続いていますね…夏の太陽ハンパないって!
でも今日はそんな夏の太陽に負けないくらいアツイ話題をお届けです。
いきなりですが、こちらの写真をご覧ください!!

20180716-07171.jpg

しまたろうのTwitterやフィーバーブログをチェックしている方は、見たことがあるカエルかもしれません。こちらのカエル……実は一度絶滅したカエルなんです!!
何と!!!!そんな超貴重なカエルを、本日7月17日よりカエル館で見ることができちゃいます。

学名Atelopus balios英名を「Rio Pescado stubfoot toad」といいますが、今回の展示にあわせて「リオペスカドフキヤガマ」という和名で解説板を作りました。展示水槽のレイアウトも生息環境をイメージして作りましたよ!!

20180716-07172.jpg

「絶滅したのに何で展示できているの?」と思われるかもしれませんが、実は1995年から15年もの間、目撃情報が無く環境破壊や病気などが原因で絶滅したと思われていたのです。2010年に再発見されて、エクアドルの保護研究施設が繁殖に成功したため、あわしまマリンパークのカエル館で展示が可能になりました。

体の色や模様が独特で綺麗ですよね。前肢・後肢の手袋と靴下のようなオレンジ色がとても可愛らしい♪

20180716-07173.jpg
20180716-07174.jpg

この「リオペスカドフキヤガマ」は世界中の動物園・水族館を探してもあわしまマリンパークだけでしか見られない、とても貴重なカエルです。(2018年7月17日現在)
今後カエル館では展示と同時に繁殖も視野に入れて飼育していきます。

写真撮影はもちろんOK!!是非この機会にあわしまマリンパークのカエル館にお越しください!!

18/07/17:通常記事

アジアンカエル


エクアドル出張のワクワクブログが終わってしまいましたね。
あづあづも楽しみにしていたので残念です…。

残念ですが仕事はせねば。
日本のカエル(とアジアのカエル)がもそっと来ました!

まずは唯一国外からの刺客
「アジアミドリガエル」Rana erythraea

null
null
1,500円

フィリピン・マレーシアなど東南アジアに分布するアカガエル!
トノサマガエルより細身で顔も愛らしい感じです。
今はほそっこいですが検疫中に太らせますのでご安心ください。


あとは国産

「ヒメアマガエル」

null
null

1,200円
入社以来くらいに見ました。相変わらず小さい…。
しかし、小さくても流石日本産。丈夫です。



「カジカガエル」

null
null

メス1,200円 オス800円
雌雄揃っています。
メスは怪獣みたいに大きいですよね。カジカ。


「タゴガエル」

null

800円
おちび。

「アズマヒキガエル」

null

3,000円 3匹
先日大好評にてあっという間にいなくなってしまったため
追加で入荷しました!!
意外とみんなお顔が違う。

null
この子は私のお気に入り「小梅ちゃん」

以上のうちアズマヒキガエル・カジカガエル・タゴガエルは
既にカート登場済み★
モザンビークオオクサガエルも販売を開始しましたよ(^^)

18/07/12:通常記事

エクアドルへ行ってきた〜☆END

自宅で飼育しているコバルトヤドクガエルが、オタマジャクシからカエルに変態しようとしています!!プライベートの飼育では初の出来事なので、ワクワクドキドキが止まらない八木です♪

さて、エクアドルブログも最終章です。いきなりホテルからスタートしましょう。
前回のブログで、険しい道のりかのようなことを書いていましたが、徒歩5分で何事も無く到着しました(笑)

null

到着してからはホテルの周辺でカエル探し♪
水溜りでいきなり発見!!

null

Osteocephalus属のカエルではないか?とのことですが、詳細は不明…。大きくて迫力のあるカエルでした。
南米っぽい!!と思わずテンションが上がるオオハシも見ることができましたよ♪

null

夜は夜行性の生き物を探して0時過ぎまで散策…。
一日中歩き回ってさすがに疲れましたが、カエルだけではなくトカゲやヘビなどにも出会えて大満足のナイトウォークとなりました。

null
null
null
null

翌朝にはホテルの周辺で植物の解説ツアー。
ブロメリアがたくさんあって大興奮でしたが……一番テンションが上がった植物がこちら。

null
null

日本でも観葉植物として有名なアンスリウムです。で…でかっっ!!!!
日本に持って帰りたかったのですが、大きすぎて無理でした。

最後は帰路で見つけた大きな滝の前で今回の旅に同行してくれた山本氏と記念撮影。

null

色々なことに刺激を受け、とても勉強になった旅でした。
次に行ける機会があれば、アマゾンのジャングルに入ってみたいですね。あ、ガラパゴスも…。その際はまたブログでお伝えできればと思います。それではまたしばらくの間、ブログはあづあづとキンタローにお任せしましょう。
それでは、Adios amigos!!!!!

18/07/10:通常記事

エクアドルへ行ってきた〜☆パート5


先日クロヒョウの赤ちゃんを見に行ってきた八木です!!炎天下のなか2時間近く見ていたので、めちゃめちゃ日焼けしました。痛い…ヒリヒリする…。
エクアドルブログもパート5まできて、終焉に近づいてきました。どうぞ最後までお付き合いください。エクアドルブログが終わると同時にビッグな情報が……あるとかないとか…。期待が高まる!!

さて、本題にいきましょう。1か所目の保護区から車で10分程行った場所。同じように黒いネットで囲われた場所に着いたのですが、規模が違いすぎてビックリ!!森の一部というか、森そのものでした。

null

その森ではOophaga sylvatica Diabloを殖やしているとのことなので、鳴き声を頼りに探してみると…いました!!

null

オスが必死にアピール中の様子。しばらく見ているとメスが近寄ってきていたので、期待できそうですね♪

null

こちらの森には元々Diabloが生息していたのですが、環境の変化からか数が減ってきていたのでネットで囲った場所に集めてきて殖やしているようです。
保護区には獣道のような細い通路がいくつもあり、その通路に沿ってブロメリアがたくさん植えてありました。話を聞くとA〜Sまでの通路があって、繁殖状況を把握するために定期的に巡回しているとのこと。実際にブロメリアの中をチェックして、卵やオタマジャクシの成長を観察。

null
null

色々な種類のブロメリアが植えてあるので、気になって「どの種類のブロメリアによく産卵しているのですか?」と質問してみました。WIKIRIのスタッフの回答はこちらのブロメリア!!

null


葉の色が濃く少し細めのブロメリアの人気が高く、よく産卵しているようです。全てのヤドクガエルに共通しているかは分かりませんが、やはり卵が目立たない方がヤドクガエルたちにとっては都合が良いのでしょうね♪

保護区を後にして向かった先は最終日に泊まるホテル。といっても、キトのような都会ではありません。車が通れないこちらのつり橋を渡った先にあるとのこと……。真下には激流の川…。

null
null

え?この橋大丈夫?何キロ歩くの?帰って来られるよね?とか色々なことが頭をよぎりました。
果たして八木は無事にホテルにたどり着けるのか?!次回をお楽しみに!!

18/07/09:通常記事

涼しげなすけ感


雨が酷いですが皆様大丈夫ですか?
明日から2つのエキゾチックアニマル即売会がありますが
道中お気をつけくださいね・・。

もりもりっと新入荷情報です!!

「フライシュマンアマガエルモドキ」


null
null

みんな大好きスケスケいやんなアノ子が再登場♪
前回は一瞬で売り切れてしまいましたのでお早めに…。

価格は13,800円、3匹のみ!
まとめて購入、繁殖を狙っても良いかもしれませんね(^^)


null

うすーいかわいーグミみたいー♡


「モザンビークオオクサガエル」


null

どこのショップさんも仰るセリフですが、
今や貴重な存在となったオオクサガエルです…。
こちらは2匹のみで5,800円です。

null




最後は再販の情報で、
「ベトナムコケガエル自社CB」
1匹だけ登場です!この子はもうカートに載っています。

null

なんだかとってもふてぶてしい。
飼い込めばもう少し大きくなりますが既にアダルトです。
お値段変わらずリーズナブルな8,500円♪

null


因みに。

チビコケガエルも続々上陸&成長中ですので
7月中旬〜下旬にはカートに登場出来そうです!!

null
もりもり

18/07/06:通常記事

エクアドルへ行ってきた〜☆パート4


お待たせしました八木です!!
え?待ってない?是非もないよね!!ってことでエクアドルブログパート4です。

キトを満喫した翌日はWIKIRIが管理する保護区の視察へ行ってきました。
諸事情により詳細はお伝えできないのですが、キトから車で3時間ほど行った森の中。

車を降りて少し歩くと……見えてきました!!
こちらも全体像を掲載できないのですが、山の一部を黒いネットで囲った場所が。

null

中を覗くとブロメリアなど様々な植物が植えてあり、そこには……!!!!!

null

いました!!!!!!!!
Oophaga sylvatica(シルバティクスヤドクガエル)です。

null
null

こちらのsylvatica…なんと日本初公開のモルフ。すごい!!
Oophaga sylvatica situwa(シトゥア)」です。
なんと表現したら良いか分からないくらい複雑な体色をしています。これは魅力的だ…。
※ケチュア語で「春の日(太陽)」という意味らしいです。

こちらもおそらく日本初公開?!Simon Bolivar、Cristobal Colonなどもこの保護区で殖えているようです。

null
null

お話を聞くと、エッグフィーダーのカエルを人工的な環境下で殖やすのは効率などの問題から、かなり難しいようです。そのため、このような保護区を作って自然に近い環境で殖やしているとのこと。実際に亜成体サイズのおちびちゃんを捕獲しました♪
可愛いなぁ。とか呑気なことを言っていましたが、よく考えたらこのサイズのsylvaticaは激レアなのでは?!なぜもっと写真を撮らなかっんだ…後悔…。

null

このくらいのサイズになるまでは保護区で飼育して、その後はブログのパート1で紹介した飼育施設で大きく育てているようです。

保護区は自然の環境を利用しているので、こんな珍客も。

null

Pristimantisの一種だと思うのですが、種名まで特定できず…。
詳しい方がいましたら、予想程度でも良いので教えて下さい。

気付けばまたまた長文に…。ってことで今回はここまで!!


これだけでも大満足だったが、別の場所にも保護区があると聞いて驚きを隠せない八木。
次回「もっと広い保護区へ」ヤドクガエルが好んで産卵するブロメリアとは?!
ぜってぇみてくれよな!!

18/07/04:通常記事

エクアドルへ行ってきた〜☆パート3

どうも!!ワールドカップを観ているせいで寝不足が続いている八木です。
動物たちが試合結果を予想するというユニークな話題が、テレビで取り上げられていました。カエル館のサムライブルー「コバルトヤドクガエル」にも予想してもらおうかな…。

さて、今日はエクアドルのブログ第3弾です!
これまではカエルの話題でしたが、ここで小休憩といきましょう。

WIKIRIの施設を後にして、少し時間があったのでエクアドルの首都「キト」の観光スポットを訪れてみました。まずはこちらのキト植物園!!

null

入り口の看板がかなりのインパクト!!!!!
スパーレルアカメアマガエルかな?これは記念撮影するしかない!!ってことでパシャリ。

その後は世界文化遺産にも登録されている旧市街へ。
約400年前の街並みです。

null

ここを訪れた際に改めて「今エクアドルにいるのか…」と感じました。それくらいインパクトが強かった場所です。せっかく海外に来たのだから、雰囲気を肌で感じないと!!

超巨大な「バシリカ教会」

null

石造の一部がエクアドルの動物たちになっていたりと、南米らしい?遊び心を感じました。
…今気付いたけど1枚目の写真とポーズが同じだ…大きさを表現する八木のポーズってことで(^^;)真似していいよ(笑)!!

屋上レストランからの旧市街の夜景

null

エクアドルの食事は何を食べても美味でした。クイ(モルモット)の肉を食べられなかったのが残念…。

null
null

「南米っぽい!!」と思わずテンションが上がる、果物山積みの市場にも行ってきましたよ。豚の丸焼き(揚げ)はエクアドルでは普通の光景のようです。インパクトすげぇ…。

null
null

こんな感じでエクアドルという国を五感で感じてきました!!
今回はカエルネタではありませんでしたが、少しでも色々な情報をお伝えしたくてブログに書かせていただきました。
次回からは原点回帰でカエルについて綴ります。カエルの保護区へ行ってきたお話……あれは凄かった……お楽しみに〜☆

18/07/01:通常記事