寒すぎて部屋に暖房器具を4つ置いている織金です。
かなり寒がりですが靴下を履いて寝ると、知らぬ間にベッドの下に落ちています。

今回はカエル館内のビバリウム水槽のご紹介です。

新しくレイアウトする水槽で飼育するカエルは2種類!

1種目は「マホガニーフロッグ」
20131217-20131217_133725.jpg
20131217-20131217_133845.jpg
かなり長期間飼育しております。
普段は隠れていることの多いカエルなのでいざ捕まえてみるとかなり横に成長していました(笑)
背中の濃い赤の体色が印象的で、脚の黒地に細かい白の斑点模様も綺麗なカエルです。

2種目は「クールガエル」
20131217-20131217_133335.jpg
20131217-20131217_133352.jpg
こちらも長期飼育個体です。
水槽内で知らぬ間に繁殖。そして知らぬ間にオタマジャクシがして、知らぬ間に上陸していたというカエルです(^^;)
ということでペアなのですが、比べてみると頭の大きさがかなり違いました。


この子たちのために今回は新人の鈴木あづきさんがレイアウトをしてくれました。
レイアウトに必要なものは・・・
20131217-20131217_142531.jpg
赤玉土・桐生砂・軽石と土台(陸場)・石・植物です。

まず、軽石を敷いてその上に土台を設置。
20131217-20131217_142839.jpg
20131217-20131217_143022.jpg
軽石を敷くことでバクテリアの発生を促し、排泄物などの分解を促進してくれます。
20131217-20131217_143721.jpg
そして、土台の上に赤玉土を敷きます。ここが陸場になります。
20131217-20131217_151112.jpg
その他の水場になるところには、桐生砂や石を敷き詰めてます。
そして、陸場にも石や植物などを植えて自然の環境を再現して、カエルが安心できるけど、お客さんからもカエルたちが見えるように考えてレイアウトしていきます。

そして完成がこちら!
20131217-20131217_153513.jpg
あづきさんが頑張ってくれました。
20131217-20131217_154021.jpg
カエルたちも早速元気に飛び跳ねておりました(笑)

簡単に説明してしまいましたが、もっと詳しく知りたい!
このカエルの飼育方法が知りたい!などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
それでは〜♪